RESULTS

results_slide02

RESULTS

THE WORLD’S FASTEST SPORTS DRINK

私たちは、世界最速のランナー達をサポートすることを誇りに思っています。 2017年5月、エリウド・キプチョゲがモンツァ・サーキットで、世界最速のマラソンを走り、歴史を塗り替えた瞬間を全世界は目の当たりにしました。そして、キプチョゲには、最近の世界6大主要マラソン大会における優勝者達と共通している点が1つあります – 彼らはすべてエイドステーションで、私たちの開発したモルテンを飲んでいたことです。

2020-08-16
CRITÉRIUM DU DAUPHINÉ
Dani Martínez

1947年から南フランスを舞台に行われているロードレースクリテリウム・デュ・ドフィネにおいて、ダニエル・マルティネスが総合優勝しました。

2020-08-15
WINNER / W.R.: MONACO 2020
Joshua Cheptegei (12:35.36)

ジョシュア・チェプテガイは自分を極限まで追い込み、驚異的なパフォーマンスを発揮し、2004年ケネニサ・ベケレが16歳の時に打ち立てた世界記録を更新しました。 チェプテガイはNNランニングチームのメンバーです。

2020-03-01
WINNER: TOKYO 2020
Birhanu Legese (02:04:15)

東京マラソンでは非常に高速なレースとなり、17以上の選手たちが2時間8分以内にフィニッシュする中、ビルハヌ・レゲセはトップ守り見事優勝しました。東京マラソン2連続の優勝となりました。彼はNNランニングチームのメンバーです。

2019-11-03
WINNER: NEW YORK 2019
Joyciline Jepkosgei (2:22:38)

Joyciline Jepkosgeiは、Mary Keitanyのニューヨークでの5回目の勝利を阻止することに成功し、02:22:38という記録でゴールしました。これは彼女の最初のメジャーマラソンでしたが、ニューヨークマラソン史上2番目に速いタイムでした。

2019-11-03
WINNER: NEW YORK 2019
Geoffrey Kamworor (2:08:13)

Geoffrey Kamwororは、ニューヨークマラソンにおいて02:08:13というタイムで2回目の優勝を成し遂げました。ケニア出身、 26歳のGeoffrey Kamwororは最近、ハーフマラソンの世界記録を樹立しています。 彼はNN Running Teamのメンバーです。

2019-10-12
HISTORIC: INEOS 1:59
Eliud Kipchoge (1:59:40)

2019年10月12日、エリウド・キプチョゲは2時間のマラソン壁を突破しました。1:59:40 非公式の世界記録。 キプチョゲはNN Running Teamのメンバーです。

2019-09-29
WINNER: BERLIN 2019
Kenenisa Bekele (2:01:41)

ベケレはドイツの首都ベルリンにて、世界記録からわずか2秒遅れた2:01:41という歴史上2番目に速いタイムで優勝しました。 BekeleはNN Running Teamのメンバーです。

2019-09-29
WINNER: BERLIN 2019
Ashete Bekere (2:20:14)

エチオピアのアシェテ・ベケレは、ベルリンで優勝するためにベストを尽くしてきました。02:20:14という記録で優勝を収めました。マラソンにおいて自身3連続での勝利となりました。 ベケレはNN Running Teamのメンバーです。

2019-09-15
WINNER: Marathon Grand Chanpionship
Shogo Nakamura (2:11:28)

2020年に行われるビックイベントにむけて行われた、マラソン日本代表選考レースにおいて 中村選手が見事優勝いたしました。給水所ではモルテンドリンクミックス320を使用していました。

2019-09-15
WINNER / W.R.: CPH 2019
Geoffrey Kamworor (58:01)

ケニアのジェフリー・カムワラーはコペンハーゲンで歴史を作りました。 21.0975kmを58分1秒という記録でフィニッシュラインを超えました。これは、ハーフマラソンの世界記録です。 ジェフリー・カムワラーはNN Running Teamのメンバーです。

2019-06-28
EUROP. CHAMP 2019
Jan Frodeno (7:56:02)

フランクフルトでは、3人のワールドチャンピオンと激しく競い合い、見事ヨーロッパチャンピオンシップのタイトルを獲得しました。

2019-04-28
WINNER / LONDON 2019
Eliud Kipchoge (2:02:37)

エリウド・キプチョゲは世界歴代2位の記録となる2:02:37で、彼自身ロンドンマラソンにおいて4度目の優勝を収めました。この記録はロンドンマラソンのコースレコードでもあります。エリウド・キプチョゲはNN Running Teamのメンバーです。

2019-04-15
WINNER / BOSTON 2019
Worknesh Degefa (2:23:31)

2019年4月15日に行われたボストンマラソン2019において、Worknesh Degefaが優勝しました。2017年のドバイマラソンに初参戦で優勝した彼女は、初のメジャーマラソンにおいても初参戦で優勝を収めました。レースの早い段階で先頭集団から抜け出し、独走状態で2位と42秒差の2:23:31でゴールしました。

2019-03-03
WINNER / TOKYO 2019
Burhany Legese (2:04:48)

エチオピアのビルハヌ・レゲセ(24)は東京マラソン歴代2番目の記録となる2:04:48というタイムで優勝を飾りました。厳しい寒さと雨の中、レゲセは初となるメジャーマラソンレースでの優勝を諦めませんでした。レゲセはNN Running Teamのメンバーです。

2018-11-04
WINNER / NEW YORK 2018
Mary Keitany (2:22:48)

メアリー・ケイタニーは2:22:48という記録で、ニューヨークマラソンで勝利を収めました。ニューヨークマラソンでは、彼女自身4度目の優勝となり、大会歴代最高タイムまでわずか17秒と史上2番目の記録となりました。

2018-10-07
WINNER / E.R.: CHICAGO 2018
Mo Farah (2:05:11)

シカゴマラソンにおいてモハメド・ファラーは02:05:11というタイムで初勝利を収めました。彼自身マラソンへの挑戦は3度目でした。オリンピックで数々の記録を打ち立てているモハメド・ファラーは、このマラソンでヨーロッパ記録を更新しました。

2018-09-16
WINNER / W.R.: BERLIN 2018
Eliud Kipchoge (2:01:39)

エリウド・キプチョゲは現在、正式に世界一速い選手です。彼は人間に限界はないことを世界に証明しました。これは人間のパフォーマンスの歴史の中で新たな章です。エリウド・キプチョゲは、NN Running Teamのメンバーです。

2018-04-16
WINNER: LONDON 2018
Eliud Kipchoge (2:04:17)

世界で最も速く走ることのできるランナー、エリウド・キプチョゲは、ロンドンマラソン(男子)で優勝を収めました。これは彼の3度目のタイトル獲得であり、彼はすでに伝説的な人物となっています。手強い選手たちを制したこのチャンピオンは、彼独特の笑顔を浮かべながらゴールしました。エリウド・キプチョゲは、NN Running Teamのメンバーです。

2018-02-24
WINNER: LONDON 2018
Vivian Cheruiyot (2:18:31)

ビビアン・チェルイヨットはロンドンマラソン(女子)で優勝しました。34才のこのケニア人女性は、レース前の本命選手たちを制し、世界で4番目に速い女性ランナーとなりました。

2018-04-16
WINNER: BOSTON 2018
Desiree Linden (2:39:53)

デジレ・リンデンはボストンマラソンにおいて、アメリカ人女性としては33年ぶりの優勝となりました。彼女はレース中にモルテンドリンクを使用していました。また、彼女自身ボストンマラソンが初のメジャーマラソンでの優勝となりました。

2018-02-24
WINNER: TOKYO 2018
Dickson Chumba (2:05:30)

ディクソン・チュンバは2014年以来、2度目の優勝となりました。チュンバは東京マラソンにおいて2015年〜2017年の間3位以内に入り続けました。

2017-11-05
WINNER: NYC 2017
Geoffrey Kamworor (2:10:53)

2017年ニューヨークマラソンにおいて、ジェフリー・カムワラーは、同年2月に東京マラソンで優勝した、同じケニア出身のウィルソン・キプサンを抑え、初めてメジャーなマラソン大会で優勝しました。 2人はゴール前で激しく競り合い、ウィルソン・キプサンはジェフリー・カムワラーの3秒後にフィニッシュラインを越えました。

2017-10-08
WINNER: CHICAGO 2017
Galen Rupp (2:09:20)

アメリカ出身のランナーであるカーレン・ラップは、アメリカ人ランナーとして15年ぶりにレースで優勝し、大きな話題となりました。 ガーレン・ラップはレース中にモルテン ドリンクミックスを飲んでいました。

2017-09-24
WINNER: BERLIN 2017
Eliud Kipchoge (2:03:32)

滑りやすい路面の中、キプチョゲは2017年ベルリンマラソンを制しました。2017年の5月にモンツァで開催された歴史的ショー以来のレースでした。キプチョゲはNN Running Teamのメンバーです。

2017-08-06
WORLD CHAMP 2017
Rose Chelimo (2:27:11)

ケニア出身のバーレーン・ローズ・チェリモは、エドナ・キプリガットとの戦いを制し、IAAF世界選手権2017女子マラソンで優勝しました。チェリモはレース中、モルテン ドリンクミックス320を飲んでいました。

2017-08-06
WORLD CHAMP 2017
Geoffrey Kirui (2:08:27)

2017年8月にイギリスの首都ロンドンで行われたIAAF世界選手権マラソンにおいて、ジェフリー・キルイが優勝しました。2017年4月にボストンマラソンでも優勝しているキルイにとって2017年は良い年になりました。キルイはボストンマラソン、世界選手権の両大会でモルテンドリンクミックスを使用していました。ジェフリー・キルイはNN Running Teamのメンバーでもあります。

2017-05-06
HISTORIC: MONZA 2017
Eliud Kipchoge (2:00:25)

F1レースなどで有名なモンツァのレースサーキットにおいて、ケニアのエリウド・キプチョゲは人類史上で最も速いマラソンを走りました。 キプチョゲは、トレーニング期間中ずっとモルテン ドリンクミックス 320を使い、レース中にもそれを約0.9リットル飲みました。 エリウド・キプチョゲはNN Running Teamのメンバーです。

2017-04-23
WINNER: LONDON 2017
Daniel Wanjiru (2:05:48)

ケネニサ・ベケレとの激しい接戦の末、ダニエル・ワンジルは、ベケレとの距離を維持し2時間05分48秒の記録でロンドンマラソンを制しました。ワンジルとベケレは、二人とも私たちのハイドロゲル技術に基づいたモルテン飲料を飲んでいました。

2017-04-17
WINNER: BOSTON 2017
Geoffrey Kirui (2:09:37)

暖かい時期に開催された、坂の多いボストンマラソンで、ケニアのジェフリー・キルイが2時間9分37秒の記録で優勝しました。これは、キルイがモルテンドリンクミックス 320を使用した最初のレースであると同時に、彼にとって主要なマラソン大会での初勝利でもありました。 ジェフリー・キルイはNN Running Teamのメンバーです。

2017-02-26
WINNER: TOKYO 2017
Wilson Kipsang (2:03:58)

ウィルソン・キプサングは、東京マラソンのコースレコードを1分以上更新し、2時間03分58秒の記録で優勝しました。これは同時に、アジアで初めて2時間04分以内の記録となるマラソンでした。また、この大会で初めてモルテンサブ2が使用されました。

2016-11-06
WINNER: NEW YORK 2016
Ghirmay Ghebreslassie (2:07:51)

2016年のニューヨークマラソンでは、ギルメイ・ゲブレスラシエがモルテンサブ2を使用しました。このエリトリア出身のゲブレスラシエは、ニューヨークマラソン歴代5位の記録となる、2時間07分51秒で優勝を飾りました。

2016-10-09
WINNER: CHICAGO 2016
Abel Kirui (2:11:23)

ケニアのNN Running Teamのメンバーであるアベル・キルイが、2016年シカゴマラソンで優勝しました。アベル・キルイはモルテンのハイドロゲル技術を信頼し、レース中にモルテン ドリンクミックス320を飲んでいました。

2016-09-25
WINNER: BERLIN 2016
Kenenisa Bekele (2:03:03)

ベケレが好調の時には、彼に勝つことは非常に困難です。彼はそれを、史上2番目に速いマラソンとなる、2時間03分03秒の記録でベルリンマラソンにおいて優勝することにより証明しました。 ベケレは、このレース中5キロごとに、モルテンを飲み続けました。